今回は、キャバクラで働く上で必ず必要になってくる「源氏名」についてお話ししたいと思います。これからキャバクラで働き始めたいという女の子の皆さん、源氏名は考えましたか?

私は最初源氏名なんて言葉は知らず、体験入店の時に「なんて名前で働く?」といわれてその場で慌てて決めてしまいました(笑)。中には名前だけという女の子もいますが、そのお店は苗字まで決めるところだったので、お店の人とあーでもないこーでもないと話しながら決めたものです。

源氏名というのは、キャバ嬢人生の中で必要になってくるとても重要なもの。キャバ嬢を引退した後も、その名前で活動する元売れっ子キャバ嬢さんも多いですよね。源氏名というのは有名になればなるほど変えることは難しいので、働く前にしっかりと決めておくべきです。とはいうものの、「どんな名前をつけたらいいの?」「どんな名前が売れるの?」と考えれば考えるほど悩んでしまうもの。今回は、キャバ嬢たちがどうやって源氏名をつけているのか、そして人気の名前や売れる苗字などについてお話します!

本名じゃダメ? キャバクラで使う源氏名とは

まず、源氏名とはなんなのか説明していきましょう。源氏名というのはズバリ「お店で使う名前」のこと。いろんなキャバ嬢の名前を見てみると、「一条〜」「七瀬〜」というかっこいい苗字、さらに「あいな」「れいか」など可愛らしい華やかな名前が並んでいますよね。

これらはすべて源氏名と呼ばれ、本名とはまた別のお店での名前となります。実際「れいか」という華やかな名前の子の本名が、実はとても地味目の名前だったなんてことはざらです。自分の好きな名前、そして売れるといわれる縁起のいい名前をつけている女の子が多いのでしょう。

でもなぜ、本名ではいけないのでしょうか? キャバクラは接客業で、いろんな男性を相手にします。お客さま全員が「いい人」だと思いたいですが、実際は危な人もちらほら…。その中で本名などの個人情報を漏らしてしまうとストーカーになってしまったり、いろんなサイトなどに書き込みされてしまったりと、女の子が危険な目にあってしまう可能性もある世の中です。なので、必ず源氏名というのはキャバクラで働く上で必要になってくるわけですね。

源氏名は「個性」「覚えやすさ」「あなたのイメージ」を大切に!

では、源氏名はどのようにつけたらいいのでしょうか? 源氏名をつける三原則、それは「個性的」であり「覚えやすい」名前であり、「あなたのイメージ」にぴったりの名前をつけることです!

今、日本中にキャバクラはたくさんあり、その分キャバ嬢も星の数ほど存在しますよね。その中で一握りの売れっ子キャバ嬢がいるわけですが、「あの売れっ子キャバ嬢を目指したいから私も同じ名前にしちゃおう!」なんて安易な考えでつけてしまうと、「あの子と一緒の名前じゃん」とあなたの個性が潰れかねません。

さらに、かっこいいからといって漢字で難しいキラキラネームや、英語などで難しい名前をつけてしまうと、覚えてもらいにくく、指名から遠ざかってしまう原因になってしまいます。

さらに、キリッとクール系の女の子の源氏名が「姫」とかだった場合、ちょっとイメージと名前がちぐはぐになってしまいますよね。そのため、「あなたの個性を大切にした上、簡単で覚えやすいイメージにぴったりの名前」が必要なわけですね。

売れっ子キャバ嬢の人気の「苗字」ランキングTOP10

それでは、実際にどんな源氏名が人気なのか見ていきましょう! まずは源氏名の苗字です。昔は苗字をつけなくていいお店がほとんどでしたが、今や源氏名で苗字をつけるのは当たり前です。でも、「水商売ってどんな苗字が売れるんだろう?」「どんな名前が縁起がいいんだろう?」と考えてしまいますよね。

水商売では「水」に関係する「さんずい」がついた苗字は成功し縁起がいいといわれています。他にも、「一」という漢字がついたものも人気が出るといわれている苗字で、使っている人が多いでしょう。

それを踏まえた上で、人気の苗字TOP10を見ていきましょう。人気の苗字TOP10は次の10個!

・一条(いちじょう)

・胡桃沢(くるみざわ)

・七瀬(ななせ)

・桜咲(おうさき)

・渚(なぎさ)

・結城(ゆうき)

・一ノ瀬(いちのせ)

・愛沢(あいざわ)

・鳳城(ほうじょう)

・姫咲(ひめさき)

漢字の「一」や「さんずい」が使われている、漢字がかっこい、そして女の子らしい漢字を使っている苗字が多い傾向があります。

さらに、「あ行」から始まるとお客さまの検索の一番上に出てきやすいので、あ行の苗字をつけるなんて女の子もいます。それも、指名される名前の一つのテクニックで、あの「愛沢えみり」さんは苗字も名前も「あ行」ではじまっていますよね。

この中から選ばなきゃいけないなんてことはありませんが、自分にしっくりきて、自分自身が好きになれる苗字を選んで源氏名を決めてみましょう!

売れっ子キャバ嬢の人気「名前」ランキングTOP10

続いては名前の方のランキングです。人気のランキングは次の10個!

・あいな

・れいか

・れみ

・のあ

・りょう

・りな

・るい

・れおな

・えみり

・ゆき

源氏名の名前にも検索結果のトップに出る「あ行」を使う女の子が多いほか、「ら行」の名前は発音が綺麗とされることから、ら行の名前をつける女の子も多い傾向です!

さらに、名前を漢字でつける女の子よりもひらがなでつける女の子が多いのも特徴。それは「覚えてもらいやすい」ということが何よりの理由です。

苗字はどうしても画数が多くなってしまいがち。そこに漢字の名前をつけてしまうと、お客さまは「読むのが難しい……」となってしまうわけですね。ぜひ、苗字と名前をバランスよくして、あなたのお気に入りの源氏名をつけてみてくださいね。

避けるべき名前は「身バレする本名」や覚えにくい「海外ネーム」!?

続いて、なるべく避けるべき、あるいはNGな源氏名のつけ方です。まず避けたいのが「本名に近い名前」でしょう。

本名に近い名前だと身バレしてしまうことも多く、個人情報が流れてしまう原因になります。さらに本名がわかってしまう源氏名だとSNSなどでも検索されやすくなり、プライベートがダダ漏れになってしまうなんてことも。

他に、覚えてもらいにくい「海外ネーム」などもなるべく避けたいNGな源氏名です。たとえていうのであれば「キャリー」「マドンナ」「レベッカ」など(笑)。最初は「お、面白いね!」なんて話題もなりますが、馴染みのない名前ではお客さまもなかなか覚えにくく、結局指名につながらないなんてオチに…。海外ネームでモチベーションが上がる女の子も、実際にはなかなかいないのではないでしょうか(笑)。

源氏名は自分の好きなものをつける。さらに覚えやすいようにお客さまの立場に立って考える。これらを忘れずに、あなたの愛着がわくぴったりの源氏名をつけてみてくださいね!

あなたにぴったりの源氏名で世の中に名前を轟かせよう!

今回は、キャバクラで働く上で必ず必要になってくる「源氏名」についてお伝えしました。人気の名前や人気が出る苗字、なるべく避けるべき源氏名などがお分かりいただけたでしょうか?

自分のお気に入りの源氏名をつけると、出勤のテンションもアップし、接客でのモチベーションもアップするものです。源氏名はキャバ嬢人生でずっと付いてまわるものなので、勢いで決めずに慎重に決めたいものですね。ぜひ、あなたにぴったりの源氏名を選んで、人気アップを狙っちゃいましょう!