指名率が高く人気のキャバ嬢は、接客や会話力だけでなくメークのテクニックも日々磨いています。必要なのは、美人な顔やモデルのようなスタイルだけではありません。

自分をよく魅せられるメークを施せば、あなたの魅力、指名率もアップします! メークひとつで印象は変わるもの。ほかのキャバ嬢と被らないように意識しつつ、自分なりの武器を活かしたメークを心がけることが大切です。今回は、「指名が増えるキャバ嬢メークのテクニック」を見ていきましょう!

キャバ嬢の間ではナチュラルに仕上がるメークが流行!

最近キャバ嬢の間で流行っているのは、ナチュラルメークです。

『小悪魔ageha』が大流行した当時は、黒のアイラインで目を囲んだ濃いメークや、盛りヘアが大流行していました。

ところが最近は、目元がぱっちりとしているのにナチュラルに見えるメークが流行しています。

大人気キャバ嬢の進撃のノアさんやエンリケさんなど、みんなナチュラルメークです。

では、小悪魔ageha全盛期のメークと、現在流行しているメークを比較してみましょう。

<小悪魔ageha全盛期のメーク>
●つけまつげと濃いアイラインでデカ目を強調
●細くてつり上がった眉毛
●唇や頬などに色を使わないヌーディなメーク
●大きめのカラコン
●ねこタレ目

以前のキャバ嬢メークは、とにかく派手なメークでした。

濃い囲みアイラインとボリュームのあるつけまつげで、目の周りは真っ黒。タレ目メークが流行っていたので目尻のアイラインをオーバーに引き、デカ目を強調していました。

口紅やチークはヌーディなものを使い、とにかくアイメークを強調させるのが主流でした。

<現在のキャバ嬢の流行メーク>
●ナチュラルなまつげ
●細くて自然なアイライン
●太眉
●潤いやツヤ感がある濃い色の唇
●うっすら自然なアイシャドウ

小悪魔agehaが流行した2010年前後のメークと現在のキャバ嬢が好むメークを比較すると、全然違うことが分かります。

もちろん、お客さまから人気があるのも現在流行っているようなナチュラルメークです。
アイラインの引き方やシャドウの入れ方などで目を大きく見せつつも、ナチュラルに見えるメークが好まれます。

それでは、お客さまがキャバ嬢に求めているメークテクニックをチェックしていきましょう。

お客さまが求めているのは清潔感!

清潔感のある身だしなみは、性別や世代を問わずあらゆる人に好印象を与えます。

もちろんキャバクラのお客さまにも通用します。清潔感と上品さを兼ね備えたメークは男性ウケ抜群です。

濃くて下品になっていないか、ヤンキーのようになっていないか、自分のメークをチェックしてくださいね。メークだけでなく、服装や髪型、持ち物なども清潔感に影響します。

特に初めて会うお客さまには第一印象をよく思ってもらうのが、引き続き指名をもらうための第一歩です。

お店の客層に合わせて着飾りすぎず、清潔感のある身だしなみを心がけましょう。

キャバ嬢が清潔感を身にまとうポイント

売れっ子キャバ嬢を見ると、夜の世界ならではの清潔感と華やかさを併せ持っています。

清潔感を演出するのに大切なポイントは、次の5点です。

●メークの清潔感
●ネイルや手荒れのケア
●メークやドレスに合ったヘアスタイル
●華やかで品のあるドレス
●さわやかな香り

女の子の顔の印象は、お客さまの心に一番残る部分です。メークに清潔感が足りないと、いくらドレスアップしていても良い印象は与えられません。

隣に座って接客するキャバ嬢にとって、手先の清潔感も大切です。ネイルをするだけでなく、手荒れのケアも怠らないようにして、手先がいつでもきれいに見えるよう心がけてくださいね。ジェルネイルやマニキュアなどが苦手な女の子は、ネイルサロンに指先のケアだけでもしにいきましょう。

以前は髪を盛ったヘアスタイルが流行りましたが、今はナチュラルで清潔感のあるヘアスタイルが好まれます。メークやドレスの雰囲気に合わせて、上品なヘアスタイルにセットしてもらってください。

売れっ子キャバ嬢になるには、ドレス選びも大切です。

キャバクラで使用するドレスには、ミニドレスやロングドレス、スーツなどいくつか種類があるので、自分の体型に合うドレスを選びましょう。たとえお手頃価格であっても、安っぽく見えないドレスを選んでくださいね。

そして良い香りを身にまとうと、お客さまにとって好印象として記憶に残りやすくなります。

あまり強い香りの香水をつけているとかえって悪い印象を与えてしまいますが、さりげなく女性らしい香りを身にまとうとお客さまの興味がそそられるはずです。

キャバ嬢はほかの女の子に差をつけられる個性を出すことが大切ですが、お客さまにモテるかどうかが何よりも重要です。

ガサガサな口元はしっかりケアしよう

キャバ嬢は会話しながらお酒も飲んで接客するため、自然と口元にお客さまからの視線が集まります。

魅力的な口元に仕上げることで、全体的な印象が良くなります。

お口のケアは主に以下の2つがポイントです。

●潤った唇
●口臭ケア

キャバクラで指名率をアップさせるためにも、お口のケアには日ごろから手を抜かないようにしましょう。

唇のお手入れ

ガサガサではなく、魅力的な唇をつくるために、日ごろから保湿を怠ってはいけません。

唇に潤いを与えるアイテムには、リップクリームやリップオイル、リップ美容液などがあります。商品によって値段や効果などはさまざまですが、ドラッグストアにいけば数百円で手に入ります。「医薬品」と表示されているアイテムは特に効果が期待できるので、唇がガサガサで悩んでいる女の子は「医薬品」と表示されているリップクリームを選んでください。

唇は、荒れているかどうかにかかわらず、いつでもしっかりケアしておきたいもの。

日常的にケアすることで、女性があこがれる「潤った唇」を実現することができるのです。リップ関連アイテムを常にバッグやポーチに忍ばせて、こまめにケアするよう心がけましょう。週に1度のスペシャルケアとして、リップパックやリップスクラブ、リップピーリングなどもオススメです。

ここぞというときのスペシャルケアとして、使ってみてくださいね。

口臭ケア

お口のケアはガサガサな唇だけでなく、口臭ケアも大切です。

キャバクラでは、お客さまとの距離が近い接客スタイルなので、一般的な仕事よりも口臭が伝わりやすい危険が常に潜んでいます。いくら美人でスタイルが良くても、口臭はいただけません。残念ながら、指名本数が増えることはないでしょう。

接客中の口臭に気をつけるために、次の4つのことを意識してください。

●仕事前はニンニク料理を食べない
●口臭ケアグッズを持ち歩く
●仕事前は歯磨き、マウスウォッシュをする
●舌をブラッシングする

お客さまがキャバ嬢の口臭で不快な思いをしないように気を付けましょう。

女の子から良い香りがするとそれだけで惹かれる男性は多いため、体から発する香り・においには特に気を使う必要があると考えましょう。

二重にするアイテープはなるべく使わない

もともと一重や奥二重、二重の幅が気に入らない女の子は、理想の二重に近づけるべく「アイテープ」を使いますよね。

人気のキャバ嬢を見ていると、みんなきれいな二重幅です。

「化粧映えする目になりたい」との思いでアイテープを使用するのかもしれませんが、どうしても不自然になってしまいます。

パッと見ただけではアイテープを使用していると分からなくても、目を閉じるとどうしても目立つのです。

アイテープのほかに、二重ノリやメザイクなどがありますが、他人には違和感を与えます。

●目を閉じるとまぶたが突っ張って不自然
●ノリの部分だけアイシャドウが濃い
●二重線がガタガタ

お客さまとはすぐ近くで顔を突き合わせて会話をする職業ですから、メークに違和感があると話の内容よりもそちらのほうが気になってしまいます。

だからといって、一重や奥二重のままメークするのが嫌だという女の子は、最後の手段として二重整形を視野に入れるとよいでしょう。

二重にしたい女の子は「二重整形」もアリ

二重整形したい! と切望するキャバ嬢は多いです。すでに二重整形を終えたキャバ嬢も大勢います。

もともと二重のキャバ嬢であっても、二重幅を広げたくて美容整形外科を訪れる女の子もいるくらいです。

整形と聞くと大ごとに聞こえるかもしれませんが、二重整形は低価格で短いダウンタイムで済みます。「埋没法」と「二重切開法」があり、埋没法ならまぶたを切らずに、縫い留めるだけなので施術時間は15分ほどです。

痛みや腫れが少ない施術方法なので3日〜1週間で治り、翌日からメーク可能です。

学校や仕事で長期休暇が取れなくても問題ありません。

費用は安くて3万円から施術可能なので、二重グッズを購入し続けることを考えると二重整形したほうが費用は安く収まり、すぐに理想の二重に近づけることもできます。

一方で、二重切開法はまぶたの余分な脂肪を取り除き、切開部分を医療用の糸で縫合していくことで二重線を作ります。

埋没法に比べると高額で、ダウンタイムがだいぶ長めです。

とはいえ、施術時間は30分程度で、術後1週間でメーク可能になります。

実際に人気キャバ嬢の多くがプチ整形をしているので、抵抗がなければ二重整形を視野に入れてみてくださいね。

自分の理想の位置に二重線を作れますよ!

バサバサのつけまつげより「マツエク」が主流!

以前はつけまつげを重ね付けするほどボリュームのあるまつげが流行っていましたが、今は「マツエク」が主流です。

マツエクはつけまつげよりもナチュラルに見えますが、長さやカールは自分の好きなものを選べるので、ナチュラルに見せながらも全体的に盛れるメークに仕上がります。

つけまつげのようにノリでまつげを貼り付ける必要はありませんし、マスカラをする必要もないので、時短メークにもつながります。

つけまつげは途中でノリが取れるとメーク直ししなければなりませんが、マツエクはそう簡単に取れません。

専用のクレンジングを使って、マツエクサロンで取ってもらう必要があります。

人気キャバ嬢の一条響さんや元キャバ嬢の門りょうさんは、マツエクで目元を華やかに見せています。

●目元のボリュームをアップさせたい
●華やかなメークにしたい
●目力がほしい
●時短メークにしたい

このように思っている人には、マツエクがオススメです。

外れにくいとは言っても、長期的スパンでいうなら、マツエクは自然と抜けてしまうため、3〜4週間に1度サロンに通わないといけませんが、すっぴんでも大丈夫なくらいボリュームのある目元になるので、華やかなメークをしたい女の子にはぴったりです。

マツエクをしているときのアイメークの仕方は?

マツエクをしているときは、ペンシルタイプのアイラインはNGです! できれば、筆タイプのリキッドアイライナーを選びましょう。

マツエクをしていないときは目の際ギリギリのところにアイラインを引くのが正しいやり方ですが、マツエクをしているときはグルーが弱くなるのでNGです。目の際から外し、マツエクの隙間を埋めるようにラインを作っていくのが正しいやり方です。

また、マツエクをしているときはビューラーを使ってはいけません。ビューラーを当てるとマツエクが折れてしまい、自まつげと馴染まなくなってしまいます。

マツエクをつけて2〜3週間ほどするとマツエクの本数が減り、カールが弱くなっていくため、マスカラやビューラーをしたいと思い始めますよね。しかし、ビューラーするとマツエクが抜け落ちてしまうので、オススメできません。

マツエクは3〜4週間に一度サロンに通うことで、しっかり上向きのまつげをキープできます。

キャバ嬢=濃いメークの時代は終わった!

キャバ嬢というと、昔は濃いメークのイメージが強かったですが、今はナチュラルに見えるメークが主流になったということはすでにお話しました。

以前流行ったような濃いアイラインの囲みメークや、バサバサのつけまつげは終わってしまいました。

売れっ子キャバ嬢の多くは今流行りのナチュラルメークです。

指名本数を増やしたい女の子は、お客さまウケが良い流行りのメークの特徴をつかむことが大切です。

●細めのアイライン
●自然に盛れるマツエク
●太い眉
●潤った唇

メークの印象は指名率に大きく影響するので、以上4つのポイントを意識したメークを心がけましょう。

ナチュラルに見えるメークで、清潔感と華やかさが融合した雰囲気づくりを目指すことが、きっと人気キャバ嬢への第一歩となります!